読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャピラノ吊り橋とリン・キャニオン

バンクーバーのランドマークとして有名なキャピラノ吊り橋ですが、

地元の人には同じぐらい有名なのがリン・キャニオンです。

似たような観光スポットですが、両方行ってきたので比較してきました。

 

【キャピラノ吊り橋(Capilano suspension bridge)】

・有名な観光スポット

・入場料が大人$39.95、子供$26.95と高額

・長〜い吊り橋

 

行き方 

ダウンタウンのW.geogiaストリートのバス停(この通りのバス停ならどこでも大丈夫です)で待ちます。

・246の番号が書かれたバス(Highland行き)に乗り込みます。時間帯によりますが15分間隔ぐらいです。

・[Capilano Rd at Paisley Rd]というバス停で降りれば、歩いて3分です。

・この後、236の番号が書かれたバスに乗ればグラウスマウンテンにも行けます。

 

まずはトーテムポールがお出迎えです。

f:id:canada_tomato:20170423114518j:image

少し歩くと、すぐに長い吊り橋です。本当に長いし、結構揺れてアトラクションとしても楽しめます。

f:id:canada_tomato:20170423114538j:image

 渡りきると、コーヒーショップがあって周辺を散策できます。

下の写真のように、散策コースはしっかり整備されていて、木の上を歩いている気分になります。

f:id:canada_tomato:20170423120019j:image

f:id:canada_tomato:20170423120033j:image

 

がっつり廻ると1〜2時間ぐらいは楽しめそうです。

自分は1ルートをぐるっと廻って、長い吊り橋に戻りました。

 

長い吊り橋を最初に渡るところの横には、以下のように外国らしい豪快な歩道も整備されています。

これもまた素晴らしいです。

f:id:canada_tomato:20170423120316j:image

 

 

【リン・キャニオン(Lynn Canyon)】

・入場料が無料!
・長めの吊り橋(2本)
・ハイキング感覚


行き方
ダウンタウンのwater frontからシーバスに乗り込みます。

・シーバスが向かいの岸(LonsDale Quey)に到着したら、ゲートを出ると、目の前がバスロータリーになっています。

・228の番号が書かれたバス(Lynn Valley行き)に乗りこんで終点まで乗っていれば到着します。

 

目玉は①rice lakeという湖の周りの散策コースと、②2本の吊り橋です。

①と②は隣接していますが、コースとしては別ルートとなります。どちらのルートも各1時間ぐらいで見て回れます。

 

①rice lakeコース

道は舗装されていないので、本当にハイキング感覚で歩けます。

 f:id:canada_tomato:20170424122529j:image

 f:id:canada_tomato:20170424122724j:image

f:id:canada_tomato:20170424122734j:image

苔がすごいです。

 

②2本の吊り橋

橋の写真を撮るの忘れましたが、一枚だけ橋の上からのものがありました。

f:id:canada_tomato:20170424122840j:image

キャピラノ吊り橋と違って、下の川まで下りることもできます。

f:id:canada_tomato:20170424122938j:image

洞窟の中から湧き出る感じのポイントもあってかっこいいです。

f:id:canada_tomato:20170424122946j:image

 

 

🌟比較🌟

どちらもダウンタウンから30分〜1時間あれば余裕で着きます。また、どちらも2時間は遊べます。

キャピラノは、ランドマークに来た!という感慨にふけることができます。少々お高いですが見合う価値はあると思います。

リンキャニオンは、カナダに来た!を体験できます。(背の高い針葉樹とrainforestならではの豪快な苔。バンクーバーはrainforestだそうです。)

自然を楽しみたいだけならリンキャニオンで十分です。

 

お好みで。

お国柄

学校には様々な国籍の学生が居ます。

語学学校なので滞在期間は人それぞれで、入れ替わりも激しく、クラスから誰か抜けたら誰かが入ってくる、というようなサイクルを繰り返しています。

 

授業の態度を見ているとかなりお国柄が出るので非常に面白いです。

 

①日本

自分のクラスでは自分一人か、多くて二人なのですが、自分も含めて静かな人が圧倒的に多いです。

沈思黙考、これぞ日本スタイルです。

 

②韓国

お隣の国、韓国。1年程度滞在してしっかり英語を身につけて帰りたい、という人が多いです。

固まって行動することが多いです。自分の学校は日本人が少ないのですが、多い学校であれば多分同じ行動パターンになっているものと思います。

また、最近気づいたのですが、愛国心がかなり高く、自虐という概念はあまりないように見受けられます。

辛い状況も笑いに変える日本のお笑い文化の発達ぶりに気づかされます。

ちなみに韓国の徴兵制に異議を唱えていた韓国人留学生が仲間外れにされていました(笑)

 

自分も「韓国は・・・」みたいな話(別に悪いことを言う話ではない)をしても、必ず、「もっといい感じ」で返してきます。

男性は貧乏ゆすり率がめちゃくちゃ高いです(80%ぐらい)。2時間の授業であれば、1時間50分はゆすってます。机が揺れます。

女性は肌が綺麗で、明るく活発で社交的な人が多い印象です。

 

③中東系(サウジアラビア

群れることはあっても馴れ合いはしない感じです。

クラスの席も固まって座るとかはせず、座りたいところに座る感じです。

時間にルーズで、とにかく細かいことはあまり気にしません。空いているイスを見つけて授業中の足置きにします。

眠ければ机に頭をつけて寝て、先生に注意され、「疲れてるから帰る」と言って帰ります。

 

良い意味でアイデンティティが確立されていて、状況に流されたりしません。

堂々としていて、若さゆえの、よく分からない馬鹿騒ぎはあまりしません。

一見固い印象ですが、話すとめちゃくちゃいい奴ら、って感じです。

ただ、英語の訛りがかなりあるので(自分には)なかなか聞き取りにくく、コミュニケーションの難易度高しです。 

 

あと、金持ちが多いです(笑)

学生だけどレクサス持ってる人もいました。

 

④南米系(コロンビア、ブラジル、メキシコ)

今月に入って南米系が激増しました。

とにかく明るい人が多いです。9割ぐらいは一般的に想像する「南米の人」って感じです。

話すのが好きで、発音も綺麗で聞き取りやすいです。

自分が同じクラスにいるのが恥ずかしくなってくるレベルの人が多いです。

多分、文法が弱くて同じクラスになっているのかと思料します。

 

⑤ヨーロッパ系(イタリア、ギリシャ、フランス)

あまり話し込んだことがないのですが、各国の英語に癖がかなりあって、(自分には)なかなか聞き取りずらいです。

お国柄については、各国に一人ずつしか知り合いが居ないので詳しいことはわかりません。

 

以上です。

 

学生ラウンジに行くと、英語ONLYの制限があるにも関わらず、アジア系、南米系、ヨーロッパ系、中東系と、それぞれの地域の人で固まっていることがほとんどです。なんとくなく気持ちはわかります。

 

めもらんだむ③

文法

will と be going to の違いについて習いました。

文法をきちんと勉強したことがなかったので知らなかったです。

(こんなんでよくTOEIC800点とれたなと思います><)

 

【will】

1. prediction with no evidence

2. quick decision(I think と相性が良い。 例)I think I'll go …)

3. promise

4. offer to help

5. request

 

 

【be going to】

1. prediction with evidence

2. plan

 

ややこしいのが両者の1.の用法。どちらも未来のことについての予想ですが、一方は根拠がないときに使い、一方は根拠があるとき(言う時点で根拠が目に入っていたり、ニュースで聞いたりしている場合)に使うんだそうです。

 

ビルを出て空が真っ暗で明らかに雨が降るのが目で確認できれば、It is going to rain. で、テキトーに根拠なく言うときは、It will rain.だそうです。この違いについてたくさん問題を解かされたのですが理解出来たような、出来ていないような。

 

多分どちらでも通じるんでしょうけど、せっかく習ったので意識はしてみたいです。

さんぽ(3/18)

ようやくバンクーバーっぽい場所に行ってくることができました。スタンリーパーク(Stanley Park)です。

スタンリーパークはダウンタウンの西側に位置してまして、ダウンタウンとノースバンクーバーを繋ぐ箇所にある大きな公園です。

とりあえず入り口がどこかわからないので、バスで近くに降りてさんぽをスタートしました。(Bus stop "W Georgia St at Gilford St") 

 

 

すぐに湖があって、のんびりできそうだったので、この辺をさんぽしてみました。

東側のダウンタウンと北側に位置する自然、山脈を一望できて素晴らしいです。

パノラマの撮り方を知っていれば良かったです。。。家帰ってから学習しました。

f:id:canada_tomato:20170320132519j:image

f:id:canada_tomato:20170320123242j:image

 

 

上の写真は湖の南側で、ここからスタンリーパークの入り口までは近かったのですが、公園自体はかなり広く、どこかに自転車のレンタルショップでもないかウロウロしてみたのですが見つからなかったので、自らの足で歩む決断。

 

 

スタンリーパークの入り口付近に、ダウンタウンを綺麗に一望できるベンチを発見しました。自分の写真では伝えきれないですが、実際に座ると高層ビル群の景観に感動します。

奥に見える高いビルのうち、左側がトランプ大統領のホテルです。写真だとわかりませんが、近くで見るとねじれた形をしていて高級感漂う素晴らしいホテルです。評価も良いようです。なお、カナダで会ったカナダ人の100%がトランプ大統領のことを嫌いでした。移民で成り立った歴史を持つので、大統領の方針は合わないのでしょう。この公園にも“to the use and enjoyment of people of all colours, creeds, and customs"と記載されている銅像があり、異文化に寛容な感じが伺えます。

f:id:canada_tomato:20170320123644j:imagef:id:canada_tomato:20170320123650j:image

 

 

公園はそれほどさんぽできませんでしたが、動物などもいるようです。途中、おじいさんが無理やり、孫に鳥へのエサやりをさせようとしていたのですが、孫が大泣きして走って逃げてました。結構大きい鳥なのでそりゃ怖いよね。

f:id:canada_tomato:20170320131928j:image

 

 

さて、(個人的に)いい写真が撮れたところでどうしようか迷ったのですが、いつもバスで通っているノースバンクーバーダウンタウンを結ぶ橋まで歩いて行ってみようと思い立ちました。google mapを見ると3kmぐらいあったのですがまあ時間もあるので。 

40分?以上歩いてようやく橋が見えてきました。橋の名前はライオンズゲートブリッジです。

f:id:canada_tomato:20170320125026j:image

 なぜライオンなのか由来はわかりませんが、橋の入り口に立派に鎮座していました。

f:id:canada_tomato:20170320125152j:image

 

ここから橋を歩いて北側まで渡りました。歩いているのは自分だけでした(この寒い中当たり前か)。時折自転車でパッシングされました。右側に寄ると"Thank you"と大きな声で挨拶してくれます。

f:id:canada_tomato:20170320125325j:image

 

ここからの眺めも素晴らしいです。

f:id:canada_tomato:20170320131224j:image

f:id:canada_tomato:20170320125838j:image

途中タンカーが下を通過したので、得意のジオラマ風ショットでいただきました。

f:id:canada_tomato:20170320125556j:image

 

しかし、橋って結構揺れますね。高所が苦手な自分は、北側に渡りきったときに、飛行機が着陸したときと同じ安心感を覚えました。

いい運動になりました。

さんぽ(3/11)

もう先週の話ですが、ダウンタウンへの散歩がてら図書館に行ってきました。

正式名称はVancouver Public Libraryのようです。たぶん。

思っていたよりもはるかに立派で広く感動しました。外から見るとこんな感じ↓

f:id:canada_tomato:20170319133920j:image

 

右奥にビル内への入り口があり、入るとこんな感じ↓

f:id:canada_tomato:20170319134039j:image

f:id:canada_tomato:20170319134044j:image

 

5階ぐらいまであって中は広々としていてイスもたっぷりありました。素晴らしいです。

 

何を読んだかっていうと、英語でいうところのJapanese MANGAです。日本人向けコーナーにありました。

あまり種類はなかったのですが、途中まで読んでやめてしまった浦沢先生のビリーバットがあったので最初から4巻ぐらいまで読みました。続きは次回来た時に読もう。そうそう、はだしのゲン英語版)も、日本人向けコーナーとは別の、外国人向けの漫画コーナー(一階の目立つところ)に置いてありました。小学生の頃衝撃を受けて読んだので、大体話は覚えていますがもう一度読んでみるかな。。

日本では図書館に置く置かない問題がありましたが、何が問題なのか全くわかりません。。まあ一部の人には都合が悪いんでしょう。

 

そうそう、市内にはカモメがたくさんいます。たぶんカモメです、たぶん。

f:id:canada_tomato:20170319135028j:image

 

※今日(3/18)は久しぶり、というかこっちにきて初めてちゃんと晴れたので、観光地に行ってきました。別枠で写真アップしてみようと思います。 

めもらんだむ②

RとLの発音

英語の発音て難しいですね。今まで発音を意識して勉強したことなんて一度もなかったので難しいもくそもないんですけど。

自分でも知っている有名なところでrとlの違いがありますが、自分には全く区別がつかないです。

「英語なんてツールなんだから伝わればオッケーでしょ」なんて思ってましたが、まず、伝わりません(笑)

練習するしかないですが、ひとつ気づいたことがあります。rとlの違いを聞き取るのは難しいですが、発音は舌の形を真似すれば物理的に口の形がいびつでない限り、多分ちゃんと音は出る(出ている)んだろうということ。

なにが言いたいかっていうと、聞き取りの難易度と発音の難易度は必ずしもイコールではないということです。

 

最近気づいたのですが、周りの外国人は英語のスピーキング能力は高いですが、readingやgrammarやvocabulary は圧倒的に日本人有利です。聞き取りの際はこの有利を利用して、rとlを聞き取れなくても単語を類推して攻略していくのもありなんじゃないかと。

ゲームと同様、対象物を如何に攻略していくか、ということを考えてしまいます。

 

 

その他

クラスメイトにサウジアラビア出身の人が多いのですが、Rの発音は巻き舌になります。最初「わかりづらいんじゃないか」と思いましたが、慣れてくるとこっちの方がわかりやすくていいような気もします。「いま俺はRを発音しているよ」ってね。

 

英語を勉強し始めて課題というか出来ないことが多すぎて大変ですけど、これが明確になっただけでも良い経験です。

 

あと、フランス人はhの発音ができないらしいです。逆に日本人はハ行があるので簡単です。面白いですね。ハ行ありがとー。

 

 

 

 

めもらんだむ

①バス編

バスから降りるとき、thank you! と大きい声を出して降りる人が多い。

基本的にはバスの真ん中のドアから降りることになっているんですが、運転手に聞こえるように大きな声で言います。

自分も前のドアから降りたときに thank you といってみたら、you're welcome! と返してくれた。

気分が明るくなるし日本でも流行るといいね。

 

バンクーバーのバスを利用するなら「Transit」というスマフォアプリが便利で、バス到着までの時間がわかります。

混雑時は大きく外れます。

 

②店編

英語が出来ないとわかると易しく話してくれます。土地柄、英語が完璧じゃない人も多いようです。

パツキンの西洋人を見かけるとみんな一瞬英語ペラペラだと思ってしまうが、実際は英語が不自由な人も多く(語学学校にも沢山います)、店員に何回も「Pardon?」と聞かれてたりしています。そしてそれを見て少し安心したりします。

 

③天気編

とにかく移り変わりが激しい。濡れたくない人は折りたたみ傘がないとかなり厳しいです。常に持ち歩く感じ。

カメラ撮影の散歩に行きづらいのが辛いところです。せっかく買ったのに。