読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めもらんだむ③

文法

will と be going to の違いについて習いました。

文法をきちんと勉強したことがなかったので知らなかったです。

(こんなんでよくTOEIC800点とれたなと思います><)

 

【will】

1. prediction with no evidence

2. quick decision(I think と相性が良い。 例)I think I'll go …)

3. promise

4. offer to help

5. request

 

 

【be going to】

1. prediction with evidence

2. plan

 

ややこしいのが両者の1.の用法。どちらも未来のことについての予想ですが、一方は根拠がないときに使い、一方は根拠があるとき(言う時点で根拠が目に入っていたり、ニュースで聞いたりしている場合)に使うんだそうです。

 

ビルを出て空が真っ暗で明らかに雨が降るのが目で確認できれば、It is going to rain. で、テキトーに根拠なく言うときは、It will rain.だそうです。この違いについてたくさん問題を解かされたのですが理解出来たような、出来ていないような。

 

多分どちらでも通じるんでしょうけど、せっかく習ったので意識はしてみたいです。